1. HOME
  2. ブログ
  3. 武田さんは全然わかっていませんね。

武田さんは全然わかっていませんね。

         
         

 

今日も4:50に目覚め、
朝のルーチンワークを終え、
90分、ヨガで整えてきました。

 

週1でしっかりコラムを書くことに
決めたので、今日はその記事を書きます。

 

いい記事かけるかなぁ〜。
また感想聞かせてください!!

 

 

さて、数年前、
「もっと稼ぎたい!!」

「稼いで当たり前のようにビジネスクラスで
海外旅行に行けるようになりたい!」

とか、そんなことばかり
考えていた時期があります。

 

それを実現するには、すでに実現している
人に教えてもらえばいいと思って、
ある方に120万円払ってコンサルを
受けることになりました。

 

【売上=客数×客単価×リピート率】

これはあなたもどこかで聞いたことがあるかも。
確か、もとはジェイエイブラハムの
ハイパワーマーケティング戦略かな。

 

なので、そのコンサルの先生も、
『コンサル業の人は、圧倒的に単価を上げて、
そのためにはセールス力を高める必要がある』

と発信しているのを見ていたので、
僕もこれがしたい!!と思っていました。

 

いい感じのホテルのラウンジカフェで
コンサルの初日を迎え、とても緊張感のあったのを
昨日のことのように覚えています。

 

「今日から宜しくお願いします!
先生の動画は全部、見てきました。」

「まずは動画でおっしゃっていた通り、
セールスを極めたいので、

セールステクニックを
教えていただきに来ました!」

と、鼻息あらく、熱い想いを
お伝えしたことを、鮮明に覚えています。

あ、あとコーヒー1杯が1,200円だったのが
当時は衝撃だったのも覚えている(笑)

 

その先生はこう返します。
『ん~そうですね〜。それが武田さんの
今のパラダイムです。わかりますか?』

 

この人は何を言ってるんだろうと思いながら僕は、
「え・・・?」と答えます。

 

『教えてもいいですが、教えても意味ないですよ』

 

いやいや、セールス極めるために
高額払うことにしたんだけど、、、
と内心思いつつ、僕はこう言います。

 

「えっと、、、でも単価を上げてセールス力を
高める戦略は理にかなっていると思うので、
僕もそれをしてみたいんです。」

 

何か全てを見通したような、
落ち着きながらも鋭い目で、
先生はゆっくりとこう仰っしゃられます。

 

『武田さんは全然わかっていませんね。
セールステクニックを学んだらセールス力が
あがるとでも思っているのですか?』

 

「え、違うんですか?」

 

じっくり間をおいて、先生は続けます。

『今の武田さんは、
それを教えたところで成約率は上がりません』

『つまり売上はあげられません』

 

「は??」と、思いました。

内心イライラしながら、
少し心を落ち着かせ、こう返します。

 

「どういうことですか?よく意味がわからないです」

先生は続けます。

 

『いいですか、言葉を選ばずに言いますね。
武田さんには成果を出す人がもっている目の鋭さや
覚悟が決まった人が持っている自分を貫くブレない
軸みたいなものが全く見えないんですよね。』

 

衝撃でした。

 

華奢(きゃしゃ)なその先生が
尖ったナイフのように見えてきました。

 

殺意が芽生えたのと同時に、
どこかで図星な自分がいて、
なんだか恥ずかしくも感じます。

 

そして先生はこう続けます。

『武田さんは物事の本質が見えていないんですよ。
テクニックなんて学んでも意味がない。
人も動物なので、何を言うかよりどう言うか
見ているんですよ。』

 

『まずはその視点、パラダイムを自覚する
ところからですね。7つの習慣は知ってますか?』

 

そんな感じで初日のコンサルが終わり、
フラフラしながら帰宅したのを覚えています。

 

この出来事が僕が本質とは何なのか?
について考え出すキッカケでした。

 

7つの習慣は家にあったので、
その後、パラパラと見ていると、

 

その中に書いてある内容にさらに衝撃を受けました。

人に影響を及ぼす戦術やテクニックを
使って自分の思い通りに人を動かしたり、
自分を好きにさせようとしても、
長続きするわけがない。

どんなに巧みな言葉を使っても、
たとえ善意からだとしても、効果は望めない。

 

そして多くの人がすぐに『どうすればそんなにうまくいくのですか?コツを教えてください』などと聞く。

こういう質問をする人は後を絶たないが、
自分の基本的なパラダイムに従っていることに気がついていない。

本音は『私の今の悩みをパッと解消してくれる応急処置を教えてほしい』ということなのだ」

コレ、完全に僕だったんですよね・・・。

 

そこから6ヶ月間、根底から自分を変えるために、
自分と向き合いまくりました。

 

向き合うことが怖くて、途中、朝起きるのも
嫌になるくらいしんどい時期もありました。

これがパラダイムをシフトするということ。

 

でもこのおかげで、
それから数年経ちましたが、
今は僕はそれを教える側です。

教えると言うか、
一緒に磨き上げるという感じです。

これは完全に”極まる”とかってないと思うので、
常に第7の習慣「刃を研ぐ」という感覚で、
自己向上をみんなと目指します。

 

自分と向き合い、自分の内側を変える
努力をしたからこそ、

僕もですが、
メンバーがみんなガンガン成果を
出しまくるようなプログラムが
提供できるようになりました。
(ブレイクスループログラム)

 

今日、ブレイクスルーPのチームの
みんなに送ったメッセージ。

超偉そうに言ってますが、常に、
できていない自分に気づかせてもらったり、
自分に言い聞かせるように言ったみたり、、、

 

でもそうやって互いに自分のこと棚に上げながら
相手のために本気で相手のことを想って
アウトプットするから、
また自分の成長の糧になっていく。

こんな感じでみんなと男を磨きあっています。

 

常に「俺らは自分を磨き合うオスでいよう」
と言い合っています。

 

大人になってから、
高校の頃、汗水一緒にたらした部活のツレ
のような仲間ってあまりいないですよね。

 

だからそういう場を作ったり、
そういう仲間と切磋琢磨しあいたいんですよね。

 

最高の仲間に出会えているな〜
あ〜感謝だなぁ〜と実感した朝でした。

 

インサイド・アウトとは
「事象という外の世界を変えたいなら、
まず自分自身の内面を変える。
自分自身の内面変わると、
自分を取り巻く世界が変わり始める」

 

自分自身を変えるために、
自分と向き合っていますか?

全ての問題や課題は、誰のせいでもなく、
自分の内面が作り出したもの。自己責任。

だから逆に言えば、好きなように、
作り上げることもできる。

どこまで行っても人生は自由ですね。

 

今日はここまで!